思わぬ習慣が原因!?突然のトイレの詰まり

素人判断の水量調節にご注意を

とあるご家庭では幼い子どもにトイレの習慣をつけさせようと、便器に座る練習をさせていたそうです。ところが子どもはタンクから大量の水が流れる音を怖がってしまい、対応策として器用なご主人が、排せつ物とペーパーがどうにか流れていく水量に調節し、そのまま使用を続けていました。使用者が便器内を上から見た限りでは問題ありませんでしたが、水圧が不足していた結果、ある日突然トイレの詰まりを生じてしまい、結果的に専門業者による大掛かりな補修が必要となってしまったそうです。トイレタンクの容量や1回あたりに流れる水量はいずれも、必要とされる量に設定されており、このように分量も勢いも削減してしまうと、トイレの詰まりの原因となってしまいます。

風呂掃除の後に流し続けた結果

また別の一人暮らしのマンションでは、トイレと一体型のユニットバスで入浴後、清掃作業で拾い集めた髪の毛をトイレットペーパーで包み、便器に流し続けていました。洗面台のように断面積が細く、目視確認できるポイントでS字型に曲がっている排水管であれば、多くの方々が注意されていますが、この部屋はマンションの最上階。「排水管も太く、真下に流れ落ちるのだから大丈夫だろう」との素人判断から、いつしかこれが無意識の習慣となっていたそうでした。こちらのケースも専門業者に対応を依頼せねばならず、さらには戸建と違って鉄筋コンクリートの集合住宅の壁の内側を走る排水管が詰まってしまい、対応が大変だったそうです。賃貸物件ですので管理会社や大家さんへの報告を含め、かなり肩身が狭かったとか。こうした当事者にならないためにも、たとえ少量であったとしても、水に溶けない物体を流す行為は厳禁です。

日常生活で起きるトラブルの中でも水漏れは厄介ですが、慌てずに原因を特定することで自分でも応急処置をすることが出来ることも少くありません。

You may also like...