どんな形があるの?LED照明の種類をチェックしてみよう

オーソドックスなシーリングライト

LED照明で最も多く流通しているのがシーリングライトです。一般家庭のリビングで使われることが多く、天井ぴったりに取り付けることで広範囲を照らせます。シンプルな白いカバーは場所を選ばず、和風の柄がプリントされているものは和室にもおすすめです。玄関やトイレでも使いやすい小型のセンサー付きもあります。

インテリアにもなるペンダントライト

天井から吊り下げたり、壁に取り付けて使うのがペンダントライトです。一つだけでなく複数の灯りで使うタイプもあり、目元に近い位置を柔らかい光で照らします。デザインが幅広く、インテリアとしても活躍するのが魅力です。

すっきりとした印象のダウンライト

天井に埋め込み、必要な部分だけを照らせるのがダウンライトです。すっきりとした印象で、廊下や玄関など広いスペースで複数設置するのに向いています。狭いスペースでも問題なく設置でき、照射方向を自由に変えられるタイプもあって便利です。

部屋の空気を循環させるシーリングファン

羽根が回転し、部屋の空気を循環させるのがシーリングファンです。温度のむらがなくなり冷暖房効率も上がります。斜めの天井や吹き抜けなど、天井が高い部屋にぴったりな照明です。存在感のあるデザインで、ホテルのロビーでもよく使われています。

空間を演出するスポットライト

天井や壁に取り付けて、対象物を強い光で照らせるのがスポットライトです。額を照らすなど、空間を演出したいときにも活躍します。複数のライトがあるタイプは、それぞれの向きによって灯りの出方も変わるのが特徴です。キッチンはもちろん、リビングや寝室などさまざまな空間で使えます。

LEDライトパネルは、看板などで使われています。額縁の後ろに設置して絵を照らす事も出来ますし、写真を照らす事も出来ます。

You may also like...