合宿免許のメリットとデメリットを知りたい

合宿免許のメリットとは

合宿免許とは、免許を取得することを目的に一定期間ホテルなどに泊まることです。そのメリットは、短期間で運転免許を取得することができる点です。自宅から通う自動車教習所の場合には、最短でも2カ月程度はかかります。ですが、合宿免許を利用すれば最短で3週間もあれば取得することが可能になります。

もう一つのメリットは、宿泊先のグレードが昔に比べて上がってきたことです。少子化の影響により、教習所もいかにたくさんの生徒を囲い込むかに力を注いでいます。そこで、少しでも多くの生徒が来るように立派なホテルを用意し、そこで温泉やカフェ、ネイルサロンを楽しむことができるように工夫しているのです。これにより、リゾートホテルに泊まっているような感覚を味わうことができます。しかも、費用も安く設定されており非常にお得です。

合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリットは、宿泊する料金もかかってしまうことです。通常の免許の費用に加えて、宿泊する料金もかかりますのでいくら安くなったとはいえ金銭的な負担は通学するパターンと比較しても高くなるでしょう。また、途中で自宅に帰る場合交通費がかかってしまうことです。特に、合宿免許の会場は人里離れたところにあることが多く、往復するだけでも数時間かかることも少なくありません。ただ最近は、1回の帰省ならば、交通費をすべて教習所側が出してくれるサービスもあります。もし料金が気になる場合は、そのようなサービスを提供しているところを利用するのも一つの方法でしょう。

合宿免許を卒業する場合には通学とは異なり教習の費用がとにかく安く収まりますので、節約をしたい方には最適です。

You may also like...